IMG_2624a.jpg このサイトはアメーバブログに引っ越ししました http://ameblo.jp/yogarun-erbe/

2011年06月26日

世界に一つに出会う旅


こんにちは!Megumiです。


このブログを今読んでいる皆様にお知らせ
=====================================


6月末で、このシーサーブログは更新をしなくなります。

下記のアメブロページを、ぜひ<お気に入り>&<ブックマーク>お願いします!

アメブロに行っても、応援クリック!よろしくお願いします!

        ↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/yogarun-erbe/

=====================================

 

 昨日は、ひっさしぶりに晴れまして

 

もう〜何週間ぶり??の<ランニング教室>を行うことができました!

 

「走るってこんなにラクなの?」ってコツを覚えた参加者様が

 

感動と驚きで目を輝かせていただいて、こちらも大満足!!

 

つかんだコツを忘れないように、お家で走ってみてくださいね!!

 

 

 

さて、今日は 世界に一つに出会う旅 ってタイトルで。

 

 

私のお買い物日記ですけどね!^^

 

つい先日、私1点もののハンチングを購入したのですよ。

 

普段から<帽子かぶり>な人ではないんですけど

 

気に入ったのがあれば、ツバの広いエレガントな帽子から・・・

 

キャップから・・・ハンチング、テンガロンハット、ニットキャップ

 

あっ、書いてみたらいろいろあるわね・・・^^;

 

を被ったりします。

 

 

 

だけど、めちゃくちゃこだわりがある訳でもなく、お気に入りのブランドが

 

あるわけでもなかったのですけど、先日購入した

 

コッポラ http://www.lacoppolastorta.jp/

 

は、被った瞬間に(なんだ?この頭に吸い付く感じ?)っていうくらい

 

フィット感がありましたよ!さすが職人の手縫い、違いますね!

 

 

イタリア、シチリア島で生まれたコッポラ。

 

日本では神戸に初出店しました。

 

 

 

 

店員さんとコミュニケーションを取りながら、あれこれ被りながら

 

自分に似合う1点を見つけるのは楽しい♪

 

いろいろ被って、なかなかいいなと思った2点のうち

 

最後1点に絞るのは、店員さんにお任せしてみました。

 

 

 

「私には、どちらが似合うと思います?」

 

「お客様、今日は黒っぽいお召し物ですけど、なんとなく雰囲気に

 

やさしい赤を感じるのです。なのでこちらがとても美しいと思います。」

 

「じゃ、それで。」

 

「えっ!」 (←あまりの即答に店員ビックリの声^^;)

 

と、購入したのがコチラです。

 

 

 

110625_195448a.jpg

 

コーラルレッドに白いバラのハンチング!

 

店員さんは、「エレガント!」と言いますけど

 

私には、ちょっと<ヤクザな感じ>に思えて、そこが好きです^^

 

 

 

お店のセンターに飾ってあったらしく、今まで多くの人が気になって

 

一度は手に取ってみるけど、どうもしっくりこない・・・

 

被りこなす勇気がない・・・って諦めてた一品だったそう。

 

コッポラの職人さんが手作業で縫い上げた、世界に1点しかないハンチング!

 

 

「このバラのハンチングは、お客様のこと待ってたんですよ〜!」って^^

 

 

こんなファッションアイテムなんかで“1点もの”なんて言われますと

 

なんだか、テンションあがっちゃうんですけど

 

よくよく考えたら、私も含めて皆さん全員・・・

 

 

世界に一つの1点モノ なんですよね!

 

 

私にしか絶対マッチしないアナタ。

 

アナタにしか、絶対合わない誰か・・・

 

私たち、そんな貴重な1点モノに出会う旅をしているのかもしれません。

 

 

あなたを待っている人がいます。

 

 

あっ、どこかで聞いたフレーズだぞ・・・

 

40歳からの婚活 → http://ameblo.jp/bijinnogosinjutu/

 

 

 

1点モノの、貴重なご自分を大切に・・・

 

 

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました〜!



ランキングに参加しています。
応援クリック、よろしくお願いします!!
↓↓↓↓
banner_23.gif

一日2回、家と会社でクリック〜〜よろしくです!!

posted by Megumi at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めったにありませんが、街中で自分と同じものを持っていたり、恰好をしていたりする人が居てたら、思わず隠れたり、隠しちゃいます。

なんででしょう。
その人と同じものを選んだ、似たもの同志と思われることが、恥ずかしい、はたまた、いやだと思ってしまうんですよね〜。

その点、一点ものは、そういうことがありませんので、安心して身につけられたりしますから安心です。

でも昔(小中学生の頃)は、その逆でした。みんなと同じものを持つということに、どれだけあこがれたか知れません。 なぜか私は、いつもひとと違ったもの、普通でないものを持つはめになったことが多かったです。 学校指定で生徒は全員画一的なものが揃うはずのものが、どーしてか、
「品切れ」であって別の色になったとか、今はこれしかなかってんと、小一で習字を習い始めに行くときに母が買ってきた習字道具のバッグが、あろうことか女子用の赤色であったりとか、お蔭で習字はそのかばんを使うのがいやですぐやめちゃいましたけど、こういう種類のいやな想い出が非常に多かったです。

Posted by at 2011年06月26日 22:29
こんにちは!
コメントありがとうございます。

人とまったく同じ服とか気まずいですよね〜・・・
ちょっと個性的な柄ものなどで、かぶっちゃったりしたら、よけいに目立ちますからね^^;

子供の頃というのは、個性を出す以前に、みんなと同じ事ができるようになるのが目的みたいなところがありますもんね!
赤い習字バッグ・・・さぞかし苦い思い出だったでしょう^^;

Posted by Megumi at 2011年06月27日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。