IMG_2624a.jpg このサイトはアメーバブログに引っ越ししました http://ameblo.jp/yogarun-erbe/

2011年06月01日

人生を変える??言葉の魔法


こんにちは!Megumiです。



(お風呂に浸かりながら、ブログネタ考えよ〜っと!)

と思って、お風呂に入ったんですけど

お風呂から上がったら・・・頭の中真っ白やん!^^;

ブログネタ考えてる途中から、どんどん面白い妄想とか膨らんできて

結局<妄想遊び>して終わったバスタイムでした♪


それでも書きます!あなたのために!!(待ってませんって?^^)



今日は、人生を変える言葉の魔法 についてです。

何も考えてなかった割に、ちょっとまともっぽいタイトルじゃない??


これは、上海出張での出来事です。

私たちの中国事務所は、高層ビルのフロアの一角にあるのですけど

トイレなどは、事務所内にあるんではなくて

ビルのフロアにあるトイレを、そのフロアに入っている他の会社さんと

共有して使っているんですよね。



なので、トイレに行く時は、いったん会社の扉を出てトイレに行く。



ビル管理会社か?清掃会社から派遣されているのか・・・?

トイレの掃除や給湯室、廊下の掃除は制服を着た中国人のおばさんがしてくれます。

・・・で、中国のトイレ事情を先にお話しておきますと・・・

下水道が発達していないため、トイレにトイレットペーパーを流しちゃダメなんです。

どうするって????

トイレの個室内にある、ゴミ箱に仕様済みペーパーを入れる。




・・・そ、そうゆーことです。^^;




なので、掃除のおばさんがマメにチェックをしてくれまして

火箸で、仕様済みトイレットペーパーを片付けてくれて

てんこもり!! になるのを防いでくれてるんですよね。

もちろんトイレットペーパーの交換やら、洗面台の掃除やら・・・



いつも、黙々とよく働くおばさんなんですけど

ものっすご怖い顔で、怒ってるかのように掃除してはるんですわ^^;

そりゃそうかも・・・毎日毎日、使用済みトイレットペーパー回収して

マナーの悪い使い方のトイレをキレイにして・・・

目の前の仕事にガッツリ向き合ってひたすら気持ちを集中しないと

嫌気も差してきますよね・・・ーー;


IMG_2849.JPG
いろんな仕事を頑張ってる!交通整理をする人も・・・



ある日、私がトイレから出て来て廊下に出ると

おばさんが廊下にこびりついた汚れを、硬いへらのようなもので

ガシガシめっちゃ真剣に落としてたんですよ。

廊下に座り込んで、床を凝視して、ガシガシ!ガシガシ!!



それを見た私は、おばさんの横を通る時に小さな声で・・・

「謝謝!(シエシエ)」とささやいたら

おばさん、ハッとしたように顔をあげて

我耳を疑わんばかりに「信じられない!」という目を見開いた顔で私を見て・・・

その後、なんとも言えない照れくさそうな笑顔がこぼれました。




そのおばさんの笑顔を見た瞬間、不思議な事が起こりました。

おばさんと一瞬共鳴したのか・・・

胸がキュ〜ンとなるような感情が込み上げてきて

私の頭の中に(この仕事してて良かった・・・)っていう言葉が浮かんで

その後、私自身が涙が止まらなくなったのですよ。



ホントに不思議な感覚。



“この仕事してて良かった”は、ほんとにおばさんが思った事なのか

私が、(そんなふうに思ってくれたらいいな)と思った想いなのか・・・

実際の所はわかりません。



だけど、この不思議な感覚を経験して

例え、国や文化の違う人同士であっても

言葉ってすごい力を秘めてるんだ!・・・って事。


言葉の魔法。


私は、あまりにもテキトーに使い過ぎてたかもしれない。

誰かの言葉で、誰かが劇的に変わったり

良くも悪くも、どんなふうにも作用する言葉。



もっと大切に使ってみませんか?


あなたの言葉で、誰かの未来が・・・

人生が・・・変わるかもしれない!



今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました〜!



ランキングに参加しています。
応援クリック、よろしくお願いします!!
↓↓↓↓
banner_23.gif

一日2回、家と会社でクリック〜〜よろしくです!!

posted by Megumi at 00:42| Comment(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。