IMG_2624a.jpg このサイトはアメーバブログに引っ越ししました http://ameblo.jp/yogarun-erbe/

2010年12月12日

走る体に近づく筋トレ〜レッグランジ


こんにちは、Megumiです。


最近は、ランニングを教えて欲しいという方が

男性も増えてきました・・・

というか、奥様が「旦那に走り方教えてやって!」と連れて来られる・・・


自分のランニングに、ご主人も付き合ってもらって

一緒に走っていると、どうもご主人の走り方はおかしいぞ?と思われるそうで・・・

奥様が注意しても、いっこうに聞かないので直接指導してやって!

と連れて来られるんですけどね。



たいていの男性は、学生時代スポーツをされていて

そこそこ運動神経にも走りにも自信がある方が多いです。

その自信が、逆にネックになっていて“オレ流”で走っちゃうワケですね。


土曜日の夜も、ランニング教室に始めて来られたご主人に

腕の振り方などをお伝えしていますと・・・

見知らぬ、通りすがりの方から「ランニングクラブなんですか?」と

話しかけられました。

私たち10名くらいの集団で、走ったりストレッチしている姿を見て

妙に燃えてきたというか、羨ましいといか・・・

ジムでスポーツトレーナーをされている彼に火がついたみたいですね。

私に「こんな指導もしてあげて」と指導方法を伝授して去っていかれました。




今日はランニングがらみで、脚の筋トレ レッグランジのやり方です。

いろんな人の走り方を見ていますと、やっぱり普段の歩き方から

まっすぐに脚を出せていない人が多いんですね・・・

靴のウラの減り方が、極端に外側ばかり減る人・・・また逆の人・・・

ヨガの効果〜脚のライン編 でも書きましたけど、脚の使い方のクセによる

筋肉の偏りが原因の事が多いです。

筋肉にひっぱれて、骨までゆがみかねないですので、正しく脚の筋肉鍛えましょう!



<レッグランジ>

・脚は腰幅に開き真っすぐに立つ
・息を吸いながら、右足を大きく一歩前・・・太腿が床と垂直になるくらい
 深くひざを曲げて腰をしっかり降ろす。左足はかかと上げてつま先立ちで
 ひざは床とスレスレくらい。
・息を履きながら、右足を左足の位置まで戻し、真っすぐに立つ。


↑これを、左右交互にやってみましょう!

しっかり腰を降ろした時に、上半身は真っすぐ立てておく事がポイントです。

それから、踏み出した足のつま先の向き、膝の向きがまっすぐ正面に向いてること!

これが、内側や外側になっていては、足の筋肉を正しく使えませんのでご注意を!


両手は、後頭部で指を組んでも・・・

両手腰に手を当てておいても・・・ぶらりと降ろしていてもかまいません。

最初に書いたものほどキツいです。



この、レッグランジは太腿前の筋肉(大腿四頭筋)

腿の裏側の筋肉(ハムストリング)、お尻の筋肉(大臀筋)に効きますよ!

あと、股関節の柔軟性も高まりますね!



あんまり、がっつりやりすぎると太腿太くしますので

やりすぎには、ご注意ください!

あくまで、正しい向きに足を出して丁寧に行う事が重要です。


それでは、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました〜!



posted by Megumi at 00:50| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。